Recent Entries

  1. ドバイの思い出(3)偽アラブ人@京都
  2. ドバイの思い出 featuring with アラブの富豪(2)
  3. ドバイの思い出 featuring with アラブの富豪(1)

2007年04月22日

ドバイの思い出(3)偽アラブ人@京都

ドバイでは、どうしても買いたいと思っていたものがあった。


アラブ人の服。

bahrain-gp1-thumb.jpg


Dashdishというイカした名前のこの服は
アラブ人なら誰もが持っているあこがれの服である。

滞在中も、どこかに売っている店が無いか探してみたが
どういう訳か服屋さんらしき場所には
女性用の黒いローブどころかサリーみたいなインド人向けの
服しか無かった。


どちらにしても毎日何かしらのイベントがあったために
お土産を買う時間がほとんどなく、
帰国直前に空港でお土産を買うという
旅人としてはやや不本意なお土産買い物タイムとなった。

その空港でついにDashdishを発見。
速攻で購入。

家に帰って早速着てみる。
かっこいい。


あまりにかっこいいので、
これを着て街に出てみた。

ドバイの思い出(3)偽アラブ人@京都の続きを読む

2007年04月17日

ドバイの思い出 featuring with アラブの富豪(2)

バージュ・アル・アラブに連れて行ってもらえることになった。


このホテルは7つ星だけに警備がやたら厳重で、
宿泊客かよっぽどの用事がないと入れてくれないのだが、
B氏はこのホテルと取引があるらしく、
車には許可証らしきステッカーが貼られておりすんなり入れた。

ホテルに入るとスタッフが立っており、
日本でいう干し柿みたいなものを渡してくれた。甘い。

個人的に高級慣れてしていないため、かなり挙動不審になっていたが、
常にB氏の背後にいたためばれずにすんだ。


ひとしきりロビーを見た後、最上階にあるバーに連れて行ってもらう。

ドバイの思い出 featuring with アラブの富豪(2)の続きを読む

2007年04月16日

ドバイの思い出 featuring with アラブの富豪(1)

ドバイから帰ってきた。

ドバイはとっても安全で清潔だった。

トラブルといえば初日にインド人タクシードライバーに無駄に遠回りされたくらいのものしか無かったし、夜中に半袖半パンでウロウロしていても全く危なさを感じなかった。生野菜を食べてもおなかを壊したりしなかったし、常に快便だった。気温も日本の真夏より少し涼しいくらいで、移動はほとんどタクシーだったので汗だくで死にかけることも無かった。


というわけでデンジャラス系のハプニングはあまり無かった訳だが、
それ以外でとっても刺激の多い一週間だった。


特に、これまでアラブの人間とふれあう機会が今まで一度も無かったので、
とても貴重な経験だった。


色々なアラブ人と交流する機会があったが
一番仲良くなったのは某地元企業家のB氏である。

ドバイの思い出 featuring with アラブの富豪(1)の続きを読む

Search