Recent Entries

  1. スパム大杉
  2. バングラディシュから貢ぎ物が届いた
  3. プチ整形のシミュレーションをもう一回してみた
  4. 3億円が当たった(最終回)顛末
  5. プチ整形のシミュレーションをしてみた
  6. MacWrapをまた食べた
  7. MacWrapを食べた
  8. タイ人すげえ
  9. テンションの上がるデスクワーク

2007年11月27日

スパム大杉

3億円に当選したからか知らないが、
ブログのコメントに膨大なスパムが寄せられるようになってきた。
一日平均300件くらいとどく。

ブログにコメントがあるたびに、
メールにその知らせが届くようになっているので、
同じ数だけメールが届く。

普通にコメントしてくださる方がたくさんいらっしゃったので、
コメントを受入れることにしていたが、
もう辛抱ならんので、すいませんが、ブログへのコメントを
禁止にします。

今後、ご意見、ご感想は、ggwu atmark kachigo . com
までよろしくお願いいたします。

2007年11月24日

バングラディシュから貢ぎ物が届いた

今日、事務所に戻ったら、怪しげな小包を発見した。

071121bangladesh01.jpg

小麦粉爆弾でも詰まっていそうな雰囲気だ。
送り主は誰かと思ったら、
とある仕事で知り合った、バングラディシュの銀行員、
Mohammad Zahirul 氏からだった。

開けてみると、スカイブルーの袋が出てきた。

071121bangladesh02.jpg

その袋の中には、何やらカラフルな衣類。

071121bangladesh03.jpg

そういえば、先日 Mohammad さんから、
「バングラディシュの伝統衣装を送りますんで」
というメールが届いたのを思い出した。

送られても置き場に困るので、
「ちょっと今、オフィスが手狭なので、また今度ね」
とうやむやにしていたのだが、届いてしまった。

しかしせっかくバングラディシュから送っていただいた
貴重な衣類なので、早速拝見することにした。

まず1つ目は、これ。

071121bangladesh07.jpg

なんだかカラフルな布。
テーブルカバーにもってこいだ。

次、2つ目は、これ。

071121bangladesh04.jpg

シャツ。見た目は普通だが、
この独特の色合いが何ともバングラディシュっぽいではないか。


そして、最後がこれ。

071121bangladesh05.jpg

アンダーシャツ。おそらく、先のカラフルなシャツの下に
着てください、という配慮だろう。
高温多湿のバングラディシュならではの、
なんてきめ細やかな心配りだろうか。

よく見ると、

071121bangladesh06.jpg


FIRAってこれは国産メーカーではないだろうが、
とにかくありがたい。


お礼ついでに、記念撮影を撮り、
Mahammad さんに送ってみた。

071121bangladesh08.jpg

ややいやがっているような顔にも見えるが、
ビジネスマンたる者、どんなにうれしくても
それをむやみに人に見せるべきではないのだ。


今のところ、Mahammad 氏からの連絡はない。

2007年11月14日

プチ整形のシミュレーションをもう一回してみた

前回実施した、高須クリニックの
ビューティーシミュレーション」で、
目元以外にも整形をしてみたくなったので
もう一度トライした。

今回もこの写真を利用。

takasu02.jpg


写真は同じだが、以下のように非常に欲張りな注文をしてみた。

-------------------------------------------------
■変えてみたい部分
目・しわ・鼻・りんかく・口もと・あご・ほお

■コメント
目を大きくしたい。
鼻をもっと高くしたい。
唇をもっと厚くしたい。
ほおがややふっくらしているので、もっとシャープにしたい。
あごをもっとシャープにしたい。
りんかくを全体的にシャープにしたい。
-------------------------------------------------

どれだけシャープになるだろうかとワクワクしながら
待つこと3日、結果が届いた。

プチ整形のシミュレーションをもう一回してみたの続きを読む

2007年11月12日

3億円が当たった(最終回)顛末

結局3億円はどうなったのか
と、会う人会う人に聞かれるので、
ことの顛末を書いておく。


ゴネて、入金の締め切りを10月27日にしてもらっていたが、
早くも27日になってしまった。

僕がお金を支払わない以上、
勝負はどこまで支払い期限を延ばせるかにかかってくる。

数日単位に引き延ばしていてはらちがあかないので、
シティバンクの偉いさんに以下のように連絡してみた。

----------------------------------------------------
モルガンさん


弁護士さんに何度も何度も入金をしているんですが、
弁護士さんにお金が届かないのです。

おかしいなと思って、銀行口座を確認しましたら、
銀行が倒産してることが判明しました。

破産した口座からお金を引き落として、
新しい銀行に口座を開設するのに
3ヶ月かかるので、支払い期限を3ヶ後の
2008年1月26日に変えてくれませんか?

本当、申し訳ないですけど、3ヶ月後には払いますので、
よろしくお願いします。


Dear Mr. Morgan,

I paid fee to Mr. Attorney again and again and again by bank remittance, but it wasn't delivered. So I checked my banking account and I found the bank which I make a deposit has gone bankrupt. It will take about 3 months to withdraw the money from the bank and open an new banking account in another bank. So, is it possible for you to hold up the deadline to 26th of Jan, 2008? I am really sorry but it is impossible for me to pay $5582 within 3 months. If this request is rejected, I have to give up getting the prize. Thank you for your consideration.
----------------------------------------------------

送信から約半月経つが、連絡はない。
さすがに3ヶ月は待ってくれないらしい。

ということで、3億円ゲットならず!


〜次回予告〜

セネガルの大富豪が飛行機事故で死亡、
ひょんなことから富豪の遺産を銀行マンがゲットしちゃった!

遺産総額、23億円。
でも、違法なお金だから、正規の銀行に預けるわけにはいかない。

資金洗浄先を詮索する銀行マンは、悩んだ末、
京都に住むある青年に話を持ちかけたのだった。

一体、どうなってしまうのか!?

2007年11月11日

プチ整形のシミュレーションをしてみた

あなたは、高須クリニックホームページにある、
ビューティーシミュレーション」というコンテンツをご存知だろうか。

その名の通り、美容整形のシミュレーションが出来るページで、
自分の顔写真と、どこをどういう風に整形したいかを
入力すると、後日、整形後のイメージ写真が
届くというものだ。

先日、「上野クリニックのうえの君」について触れたが、
クリニックつながりで色々と探していたら、
高須クリニックのサイトに行き着き、
このコンテンツの存在を知り、早速試してみた。

送ったのはこの写真だ。

takasu02.jpg

髪の毛が謎にボサボサなのだが、
「できるだけ明るい場所で撮った、顔のアップ写真を」
とのことで、これが最も適切だったため、チョイスした。

写真をアップロードすると、
顔のどのパーツを整形したいかを
選択する画面になる。
「目」「鼻」「あご」「くちもと」「りんかく」など。

またこれ以外に、「おまかせ」という選択肢もあり、
「全体的に、ぱっちりした感じにしてほしい」
などとコメントを入れておくと、ぱっちりした感じに
整形してくれるのだそうだ。

僕の場合、どこを整形するかだが、
何といっても目である。
一重で、ジャニーズ事務所への入所が叶わない状態なので、
二重にしてもらうことにした。
また、目の下に慢性的にクマができているので、
これも除去してもらうことにした。


リクエストを送信して、待つこと1日。
結果が到着した。

プチ整形のシミュレーションをしてみたの続きを読む

2007年11月10日

MacWrapをまた食べた

本日、公衆無線LANを使いたいがために
マクドナルド心斎橋店に立ち寄ったのだが、
その際、公衆無線LANを使いたいがために
マクドナルド天満橋駅前店に行った際、
申し訳程度に野菜生活を購入したらついてきた
クーポン券を使って、再びMacWrapを購入した。

前回の反省点をふまえ、MacWrapを良く観察してみると、
紙の真ん中あたりにミシン目があることに気づく。
ここをビリビリと破くらしい。
なんだ、そういうことか。


ビリビリと破いてみると、
中身が出てきた。

出てきたはいいが、紙から出ているのは上部5ミリくらいで、
残りは全て下の紙に埋もれている。


こんなに中身が隠れているのは、
MacWrapか、上野クリニックの「うえの君」くらいなものだ。


結局、紙を全て破いて、中身を取り出し、食べた。
今回も両手フル稼働だった。
未だに正しい食べ方が良く分からない。

2007年11月08日

MacWrapを食べた

先日、公衆無線LANを使いたいがために
マクドナルド天満橋駅前店に行った際、
申し訳程度に野菜生活を購入したらついてきた
クーポン券を使って、MacWrapを購入した。


包んである紙に「PULL」と書いてあるが
PULLしてもPULLされないので、
仕方なく紙をビリビリと破いて食べた。

お中元しかり、
包み紙をビリビリと破るのは、
いつやっても忍びない気持ちにさせられる。


それなりに中身がでてきたので、食べると、
中途半端に残っていた紙まで
一緒に食べてしまった。

紙まで一緒に食べてしまったのは、
長崎カステラについで2回目の経験だった。


「片手で手軽に食べられるぜ!」
が売りの商品だったような気がしたが、
結局、両手フル稼働だった。

タイ人すげえ

昨日、タイ料理屋に行った。
お昼にタイ料理のバイキングがある店だ。
というか、お昼はタイ料理のバイキングしかない店だ。
昼と夜の間で一回店が閉まるのだ。


13時50分くらいにお店に入り、
まだ食べれますかと聞く。
14時30分までは料理を出してくれているとの事なので、
食べる事にする。


前に来たときよりも
料理のバリエーションが減っているような
気がしないでもなかったが、
気にせず食べる。おいしい。


2回ほど料理を取り、ゆっくり食べる。
時計を見ると14時15分。
まだ余裕がある。


と、そのとき、タイ人スタッフがやってきて、
「はい、ご飯もう終わりですね」
といって食器を下げようとしてきた。

いやいや、まだ残ってますので
というと、渋々立ち去って行った。

5分後、食べ終わった瞬間に
食器を下げられた。すごい観察眼だ。


その後、水を飲んでゆっくりしていると、
タイ人スタッフがやってきて
「はい、お会計お願いします」
といって伝票をレジに持って行かれた。
言われるままに払う。


その後、さらに水を飲んでゆっくりしていると、
何やら視線を感じる。

見ると、タイ人スタッフ一同が
ものすごい目でこちらを見ている。

あからさまに早く帰れ的な信号を送ってくるが、
しばらく無視して座っていると、
視線が殺気が帯びてくる。
フライパンを持って追い出されかねない状況だ。
たまりかねて店を出る。いい天気だ。


文化の違いを感じた食事だった。


2007年11月06日

テンションの上がるデスクワーク

最近、外出が多くて常に外をウロウロしていたのだが、
久しぶりにデスクワークをした。

某所に向かい、席に着くと、先客が2人。
打ち合わせをしているようだった。

会釈をして、机に座り、
パソコンを片手に、地味な日程調整の仕事をこなす。
カチャカチャカチャ・・・

狭い部屋なので、隣の打ち合わせの声も聞こえてくるが、
今日は集中しているので、全く気にならない。


カチャカチャカチャ・・・


「・・・ああ、そうですねえ、
 ほしのあきチャンもいますから」


カチャカカカカカガガ!!!


ほほ、ほしのあき!!??
ほしのあきが、ほしのあきがどうしたんだ!?


「・・・あるいは、香取君とゴリさんと一緒に、
 ミニゲームしてもらうとか」


!!!
一体、何の話なんだ!?


「・・・そうそう、月曜メンバーはね、
 結構ノリがいいんですよね
 タモさんもいじってくれますしね」


いいとも?いいともなのか?


「・・・いや、尺は結構長いんですよね。20分くらいかな。
 増刊号スペシャルなんで」


増刊号キターーーーー!!!!


と、いちいち心の中でリアクションをとってしまい、
全く仕事にならなかった。

Search