Recent Entries

  1. アメックスの営業
  2. スパムの季節感
  3. 辞めた会社の忘年会に参加した
  4. 銭湯川柳

2007年12月28日

アメックスの営業

京都駅を歩いていたら、女の人が何か小さいカードを配っていた。
もらうだけもらおうと思って、手を伸ばした。


女性「あっ、ありがとうございまーす
 それ、くじになっているんですよ、開けてみてください」


通り過ぎようと思っただけなのに。
立ち止まってラベルをはがしてみると、


女性「ハイ、オリジナルグッズが当たりましたー
 おめでとうございまーす
 プレゼントはこちらですのでどうぞ」


近くにあったブースに誘われる。
仕方なく連れて行かれる。


「お客さん、オシャレですね。」


ちょっとうれしくなる。
8歩ほどでブースに到着。


「はい、オリジナルグッズのボールペンでーす」


良くなくすので助かる。
ありがとうございましたと言って立ち去ろうとすると、
女性の目が光った。


女性「ちょっと待ってください、
 この機会に、アメックスのカードに入会しませんか?」

可知「いやー、別にいらないです」

女性「えっ・・・
 世界ナンバーワンのアメックスカードですよ」


断られるのが意外とでも言わんばかりに
あんぐり口を開ける女性。
思わず考え直すが、やっぱりいらないと判断し、


可知「いやー、クレジットカード持ってるし、
 別にいらないです」

女性「アメックスのカードには、
 ビジネスでも使えるタイプとプライベートで使えるタイプの
 2種類があるんですよ」

可知「ああそうですか、でも急いでるので失礼します」

女性「手続きは簡単で、2、3分で終わりますよ」

可知「いや、手続きの時間じゃなくて、
 僕が考える時間ですから」

女性「いやもう、ホントにすぐですから!
 あなたみたいなオシャレな人に、
 世界ナンバーワンのカードを使ってほしいのです。
 是非!!!!」


と、まっすぐに僕を見つめる女性。

そうか、オシャレですねという褒め言葉は、
この最後の殺し文句のための
布石だったのか・・・


そして、今手にしているこのボールペンも、
契約書にすぐサインできるようにするための
布石だったのか・・・


女性の視線を振り切って改札に向かうと、
「ありがとうございましたー」というさわやかな声が
後ろから聞こえた。

2007年12月25日

スパムの季節感

スパムが外国からもやたら届くようになって来た。


ここで一つ気づいたのが、
外国のスパムは季節感があるのに対して。
日本のスパムはそれが感じられないことだ。


例えば外国のスパムだと、12月20日あたりから
クリスマスにかこつけたスパムが届く。

「Looking for something hot this Christmas」
「Christmas is not far off. Think about gifts now!」
「Christmas sale of replicas of excellent workmanship!」


これと比較して、日本のスパムは相変わらず

「●重要通知●本日中にご開封ください。」
「ホテル直行メールお届け」
「相談に、乗ってもらってもいいですか?」

など、以前と代わり映えのない件名ばかりだ。


また、なぜか最近やたらと
熟女コミュニティーの案内が届くのだが
勝手に僕の嗜好を決めつけないでもらいたい。


スパム業者にも、もののあはれを感じさせるような
メールの送信をお願いしたい。

2007年12月22日

辞めた会社の忘年会に参加した

先週、辞めた会社の同期、O君から、
「忘年会をやるから来い」というメールが来て、
1年ぶりに同期に合うことになった。


20時に尼崎に到着。働いていた工場があった町だ。
相変わらずワイルドな雰囲気が漂っている。

駅の入り口あたりまで歩いてみると、
いつか見た顔ぶれがそろっていた。
僕の顔を見ると、

「え、かっちん(可知の当時の通称)
 何で来てんの?えっ?えっ!?」

と驚く同期達。

どうやら、勝手にサプライズゲストに
仕立て上げられていたらしい。


よく見ると、メールを送ってきた同期のO君がいない。
「あいつどうしたの」と聞くと、
「どうやら、工場でトラブルがあり抜け出せない」とのこと。
メーカー技術者の悲哀である。

他の人を待ちながら、
「かっちん、今どんな仕事してんの?」
と聞かれ、一言で言えず、困る。


10分くらいして人がようやく集まり、店に移動。
会場はてっちり屋さんである。
さすが、今年度最高益を達成した企業、リッチだ。

尼崎らしいにぎやかな店内に入り、予約席に座ると、
衝撃の事実が待っていた。


「あれぇ〜??可知じゃねえの?」


隣の席を見ると、何やら見慣れた顔ぶれ。
元職場の工場現場の人々だ。

ほぼ全員がそろっている。現場だよ!全員集合!である。

「会社を辞める」宣言をしてから1週間ほどで
電撃的に会社を去った僕としては、これは気まずい。

Oの野郎、俺をはめやがったな!!
と思ったが、ホントに偶然だったらしい。


その後、僕が辞めた後に僕の後任を担当している同期が
忘年会にやってきた。

どうやら、現場の人々の忘年会をブッチして
同期の忘年会にやって来たらしく、
僕以上に気まずい顔をして、
現場の人の席に座り込み、そのまま店を出て行った。

30分後、帰って来て、一言、

「いやー・・・辛かった」。

無性に申し訳ない思いでいっぱいになった。


てっちり屋さんの後は、近くの居酒屋で飲み直し、
気づいたら終電逃す。
近くの同期に泊めてもらい、翌朝帰宅した。


まあ、全体的に、皆変わってなかった。
若干、病んでいる人もいたが、まあ、大丈夫だろう。


自分がいなくなっても、滞り無く業務が進む。
組織とはそういうものだ。

2007年12月18日

銭湯川柳

日曜日に、ひさしぶりに銭湯に行った。



「おかんにゴルフで負けたくない!」と
ファイトを燃やす学生とともに
合計45分ほどサウナに入り浸り、
カッサカサになりながら脱衣場に戻る。

服を着ていると、目の前にポスターがあるのに気づいた。
「銭湯にまつわる川柳 受賞者発表!」
とでかでかと掲載されていた。

大賞は、こんな作品だった。



「銭湯に 通う我こそ セレブなり」



なんだかすごい自信だ。



その他、

「銭湯で 聞いた親父の 武勇伝」



「銭湯の 湯気に格差も 消えていく」



「団塊の 世代が背中 流し合い」



など、時代のキーワードを盛り込んだ川柳が
入選していた。



僕も一句、作ってみた。



「おばちゃんに 裸を見られ ハニカミ王子」



・・・・


他受賞作品は、ここでチェック可能

12月21日は、冬至スペシャル企画として
ゆず湯に入れる模様。

Search