Recent Entries

  1. 多目的トイレで公然わいせつ罪になりかける
  2. 挑戦、パイ毛最長記録
  3. 寂庵訪問
  4. 花見雑感
  5. 最近気付いた、似てる人たち
  6. ヤフーニュースに載りました

2009年04月24日

多目的トイレで公然わいせつ罪になりかける

昼前に、東京駅の多目的トイレを利用した。


用を足した後、次の予定まで少し時間があったので、
おもむろにパソコンを開き、メールを見たりしていたところ、
突然、トイレのドアが開きはじめた。


多目的トイレの中には、セキュリティの問題なのだろうが、
一定時間が経過すると、自動でドアが開くようになっている
ところがあるのだ。


以前、品川のトイレで同様の事態に出くわしたことがある
のだが、その際は、ズボンをはいていたため、
事なきを得た。


しかしながら、今回は、リアルにトイレを利用した後だったので、
下半身が丸出しの状態で、ドアが開いた。


下半身丸出しの状態で公衆の面前に晒されるというのは、
極めてシビアな経験である。


昔テレビで、見栄晴か誰かが温泉に入った際、
突然、温泉の底が抜け、お湯が流れ出し、
そのままウォータースライダーみたいな感じで
滑り落ちてくるみたいなドッキリがあったが、
心境としては、そのときの見栄晴にかなり近いものがあっただろう。


開いた瞬間は、何が何だか良く分からなかったが、
すぐに状況を理解し、考えたことは、
ズボンを先に履くのが先か、ドアを閉めにいくのが先か
ということだ。


幸い、膝の上にパソコンを置いてあったので、
後者をチョイスし、
裸踊りの要領でパソコンで下半身を隠しながら、
ドアの前まで到達し、ドアを閉めた。
なかなかのナイスジャッジであった。


多目的トイレは東京駅の地下レストラン街にあり、
まだお昼前で店員さんが準備をしているだけだったので、
人通りも少なく、多分誰にも気付かれなかったと思われる。


久々に、変な汗をかいた。


しかし、この多目的トイレのドアが自動で開きはじめる件、
一応、時間が経過するとドアが開きますよ、
という注意書きはされているし、
安全のために仕方ない部分もあるのだろうが、
場合によってはかなり問題が発生しそうで、心配である。


女性が多目的トイレを利用した際、ちょっと便秘がちで長いこと
トイレに入っていたら、突然ドアが開きはじめた
ということになると、かなりシリアスな事件にもなりかねない。


せめて、ドアが開く30秒前に、
「アト1プンデドアガヒラキマス」
とアナウンスをしてくれるとか、


スーパージョッキー「熱湯コマーシャル」
における生着替え終了30秒前にかかる音楽が流れ出すとか、


その音楽が流れたときに、松村邦洋がバウバウみたいな感じの
拍手をしてくれるとか、


そういった機能が搭載された方が
望ましいのではと考える。

2009年04月20日

挑戦、パイ毛最長記録

僕は全体的に体毛が薄い方なのだが、
両乳首に一本ずつ、濃くて長いパイ毛が生えている。


何回抜いても、アスファルトに咲くタンポポの如く
生え続けてくるので、暖かく見守ることにしている。


先日、ギネスブックにパイ毛世界記録というのがあり、
それによると、世界最長のパイ毛は8.89 cmだということを知った。


記事を読みながら、自分のパイ毛を眺めてみると、
なかなかどうして、かなり立派な長さではないか。


もしかしたら、ギネス記録を狙えるんじゃないかと思い、
夜な夜な、研究室で上半身裸になり、
定規でパイ毛の長さを測ってみた。


5.5 cmだった。


まだ世界には及ばないが、
今後大切に伸ばしていきたいと思っている。


ところが、先日、別のニュースで、
11.43 cmのパイ毛を持つ男が現れたというニュース
を発見した。また一つ、世界が遠ざかった。


ちなみに、100分の1 cmは、
0.1 mm、100マイクロメートルに該当する。


肉眼で見えるか見えないかギリギリの長さになるのだが、
どのようにしてそのような精度を測定できたのか、
かなり興味深い。


そんなことを考えていると、
さらに、
12.9 cmのパイ毛を持つ男が現れたというニュース
を発見してしまった。


世はまさに、パイ毛の猛者達が群雄割拠する、
パイ毛戦国時代である。

2009年04月07日

寂庵訪問

嵐山に行った際、花見シーズンだけに
人が多かったので、
どこか人が少ないところに行くことにした。


地図を見ながら検討した結果、
「寂庵」という、いかにも人がよりつかなそうな
マニアックげな場所を発見し、訪問を決めた。


渡月橋を北に向かって渡り、小さなJRの踏切を越えて
歩くこと15分、寂庵らしき場所に到着した。
はじめはお寺か何かかと思っていたが、普通の民家っぽい。


表札に、「瀬戸内」と書いてあり、
何かひっかかるものを感じたが、気にせず
入ってみることにした。


入り口に、「拝観希望者はインターホンを鳴らしてください」
という張り紙がしてある。斬新なシステムだ。


インターホンを鳴らして待つこと2分、
作務衣を着たおじさんが、僕たちがやってきた方から
スタスタと歩いてきた。管理人さんのようだ。
「拝観? ああ、中にはいりや」


中に入ると、非常に静かで整った庭の中に、
でかく「寂」と書かれた石が置いてある。


「これ、榊莫山さんが先生のために書いてくれたんや」
とおじさん。ははあ、先生のために書いてくれたんですか。
ここには、その筋では有名な先生なる人物が深く関与しているらしい。


おじさんはその後、小さな建物の中に僕たちをいざなった。


「ここは、先生が説法をする場所や。
 毎月一回、写経をしに200人くらいの人がやってくるんや」


その後、仏壇を見せてくれたり、人々が納めた
写経を見せてくれたりした。おじさんはことあるごとに
「こんなん、特別やでえ」とおっしゃっていたから、
よほど僕のさわやかな印象に好感を持ったか、
暇だったに違いない。


一通り見せていただいたので、帰ろうとしたところ、
「ほら、この写真みせたるわ」
と、おじさんが一枚の写真を持ってきた。


そこには、本木雅弘と、瀬戸内寂聴氏が並んで写っていた。


ここ、寂聴氏のお住まいですやん!


本木雅弘は、寂聴邸の庭で採ったシイタケを両手に抱え、
満面の笑みを浮かべていた。


090404arashiyama012.jpg

2009年04月05日

花見雑感

嵐山に花見に行った。


満開とまでは行かないが、キレイだった。


ところで、桜の花は桜にとっての性器であり、
桜が満開と言うことは、桜の性器という性器が
むき出しになっているということである。
いわば、日本中で乱交パーティーが行われているようなものだ。


その、桜達の乱交パーティーを、
酒を飲みながら眺めたり、
恋人と手をつないで見ることに風情を感じるあたりに、
人間の業を感じずにはいられない。
そんな一日だった。

2009年04月04日

最近気付いた、似てる人たち

最近気付いたのだが、
小籔千豊は、
作画がへたくそなときのケンシロウに似ている。

090404koyabu.jpg

090404kenshirou.gif


また、これも最近気付いたのだが、
ロボガレージの高橋さんは、
ワンピースのシャンクスに似ている。

090404takahashi.jpg

090404syunks.jpeg

2009年04月01日

ヤフーニュースに載りました

詳細はこちら

Search