Recent Entries

  1. 感じるマンゴー誕生秘話(3)
  2. 感じるマンゴー誕生秘話(2)
  3. 感じるマンゴー誕生秘話(1)
  4. 研究室同期の結婚式
  5. 挑戦、パイ毛最長記録(2)
  6. 巨大寺を訪問

2009年05月31日

感じるマンゴー誕生秘話(3)

〜前回までのあらすじ〜

「感じるマンゴー」開発グループの4人は、
名称採用を社長会議で直訴するという
とんでもない暴挙に出た。


そしていま、伝説の扉が開こうとしている……


-----------------------------------------------------------
(アサヒ飲料(株)商品企画部
 果汁ジュース企画担当 グループリーダー 山田啓介)
「……以上で、コードネーム09XSの企画状況のご報告を終わります」


(アサヒ飲料(株)商品企画部課長(以下、課))
「えー、では何か質問は……」


(アサヒ飲料(株)商品企画部部長(以下、部))
「山田君、これはいったいどういうことだ!」


山「どういうことかと言いますと」


部「商品名に決まってるじゃないか!
  一体、どういうつもりなんだ!」


山「……」


部「話にならん、企画はボツだ、プロジェクトは解散!」


(アサヒ飲料(株)社長 (以下、社))
「どういうことだ? 状況が飲み込めないのだが」


部「社長、こいつは、山田は反逆者ですよ」


社「山田君、どういうことなのか、説明してくれないか」


部「こいつは、私の命令を無視して、商品名を勝手に……」


社「厳樫君、僕は山田君に聞いているんだ」


社長が部長を見据えていうと、
部長は蛇に睨まれたカエルのように押し黙った。


張りつめた空気の中で、山田は静かに口を開き、
『感じるマンゴー』という商品名に関する
これまでのいきさつを話した。


社「……なるほど、そういうことか」


部「社長、『感じるマンゴー』はあまりにも危険です。
  今すぐプロジェクトの中止を」


社「日本は、変わらなければならない」


部「え?」


社「今、この国の国民はどういう人生を送っているか、
  知っているか? テレビとパソコンの前に座り、
  そこに流れてくる情報や娯楽を次々と眺めているだけだ。
  死ぬまでの間、そうやってただ、漫然と生きている。
  食事も入浴も、仕事も恋愛も、すべて、こなすだけだ。
  無自覚に、無為に時間を費やし、そのくせ、人生は短い、と嘆く」


部「社長、一体何をおっしゃっているのです」


社「国民は自ら考えなければならない。
  考えて、選択しなければならない。
  『感じるマンゴー』が、下ネタなのかそうでないのか、
  それは、国民が決めるべきことだ」


山「社長……!」


社「どうだい、厳樫君」


部「くっ……」


そのとき、会議室から突然拍手が巻き起こった。


プロジェクトチームの田中が立ち上がり、
顔を紅潮させながら手を叩いている。


隣に座っていた宮本と小林は、驚いた顔で
田中を見つめていたが、その後、意を決したように立ち上がり、
田中とともに、拍手を送った。


それにつられるようにして、会場にいる役員も
立ち上がり、拍手を送る。
さながらスタンディングオベーションのようだった。


やがて、拍手の中に人の声が混ざりはじめた。
「マンゴー! マンゴー! マンゴー!」


部長は、あぜんとした顔で事態を眺めていたが、
誰にも見つからないように、熱気に包まれた会議室を後にした。


プロジェクトチームが、課長が、社長が、
全ての社員が団結した瞬間だった。


(おわり)


※一部、伊坂幸太郎「魔王」より抜粋。

2009年05月22日

感じるマンゴー誕生秘話(2)

〜前回までのあらすじ〜

「感じるマンゴー」という名称の危険さに気付いた部長は、
商品名の名称変更をグループリーダーである山田に命じた。


-----------------------------


(アサヒ飲料(株)商品企画部
 果汁ジュース企画担当 グループリーダー 山田啓介)
「……ということで、コードネーム09XSの商品名
 『感じるマンゴー』を、変更しようと思っている。
 皆の忌憚ない意見を聞きたい」


一同「……」


山「意見が無いようなら変更の路線で行くが……」


(アサヒ飲料(株)商品企画部
 果汁ジュース企画担当 小林英二(以下、小))
「山田さん、本気で言ってるんすか」


山「……何がだ?」


小「本気で言ってるんすか、答えてくださいよ」


山「……」


小(山田につかみかかりながら)
 「答えてくださいって言ってんでしょうが!」


(アサヒ飲料(株)商品企画部
 果汁ジュース企画担当 宮村由貴(以下、宮))
「やめなよ、小林君!」


(アサヒ飲料(株)商品企画部
 果汁ジュース企画担当 田中剛(以下、田))
(小林を後ろから羽交い締めにしながら)
「落ち着けって、小林!」


(田中、小林を山田から遠ざけながら必死になだめる。
 小林は少しずつ落ち着きを取り戻し、もとの席につく)


小「……俺は納得できないっす」


宮「小林くん……」


小「だってそうでしょう、皆でこれで行こうって
  決めたじゃないですか。感じるマンゴーだって。
  毎日、夜十時まで議論して、決めたじゃないっすか」


山「……部長の命令だ」


小「部長はどうだっていいんですよ、
  俺は山田さん、あなたがどう思っているかを
  知りたいんです」


山「……」


一同「……」


小「……田中、お前はどう思うんだよ」


田「……俺は、山田先輩に従う」


小「何?」


田「そりゃあ俺だって悔しいよ、『感じるマンゴー』が
  ボツになるのは。でも一番悔しいのは山田先輩じゃないのか」


小「それは……」


田「山田先輩は、プロジェクトが始まってから、
  自分の全てを09XSに捧げてきたんだ。
  誰よりも早く会社に来て、誰よりも遅くまで残っていたんだ。
  休みだって一日も取っていない。お前だって知っているはずだ。」


小「しかし……」


田「それによ、俺は、このプロジェクトが無かったら、
  とっくにリストラされてたんだよ。
  山田さんは俺を救ってくれたんだ、
  営業一筋で、企画の経験なんて一切なかったこの俺を……」


小「……」


田「俺は、プロジェクトが始まるときに決めたんだ。
  山田さんを最後まで信じるって。
  だから、俺は、山田さんに従う」


山「田中……」


宮「『感じる』と『マンゴー』という言葉の組み合わせが、
  どんな危険性を秘めているかというのは、
  小林君だって分かっているはずじゃない。
  先週の新人歓迎会で、エロ詩吟、吟じてたじゃない」


小「それは……」


宮「『感じるマンゴー』を通せなかったのは、
  山田さんだけのせいじゃない。
  部長の下ネタに対する抵抗を見誤った
  私たち全員の責任だわ」


小「……」


田「まあ、またゼロからやり直しってことで、
  いいじゃないっすか、さっぱりしてて」


山「……俺は、どうかしてたみたいだ」


田「えっ?」


山「お前達の気持ちも知らずに、部長に言われただけで、
  引き下がるなんて、どうかしてたよ」


小「山田さん……」


山「商品名は、感じるマンゴー、で行く。
  全ての責任は俺が持つ」


田「そんなことしたら、先輩が!」


山「部長がどれだけ反対していても、
  社長を説得させればいいんだ」


宮「山田さん、それってまさか……」


山「来週、役員全員が集まる会議がある。
  そこに『感じるマンゴー』の企画を議題として提出するぞ」


------------------


部長の反対を押し切り、「感じるマンゴー」の商品名を
最終提案としてまとめることにした山田たち。
4人の運命やいかに!?


つづく。

感じるマンゴー誕生秘話(1)

アサヒ飲料から、
感じるマンゴー という商品が出ているらしい。



この商品を製造・販売するにあたり、
アサヒ飲料社内ではかなりの議論があったに違いない。


-----------------------------------

(アサヒ飲料(株)商品企画部部長(以下、部))
「君、ちょっと来たまえ」


(アサヒ飲料(株)果汁ジュース企画担当
 プロジェクトリーダー 山田啓介(以下、山))
「ハイ、何でしょう」


部「この『感じるマンゴー』って名前だけど、
  何とかならないの? ちょっとまずいんじゃないかな」


山「どういうことでしょうか?」


部「その…なんだ、この、『感じる』ってのと、
  『マンゴー』って組み合わせは、ちょっとまずいと
  言っているんだよ」


山「おっしゃっている意味が良く分からないのですが」


部「君ぃ、僕をおちょくっているのかね」


山「いや、決してそういうわけでは」


部「君はエロ本を読むのかい?」


山「はい?」


部「君はエロ本を読むのかと聞いている」


山「それは今の話とどういう関係があるのでしょうか」


部「関係あるから聞いているんじゃないか。
  いいから答えたまえ」


山「……自分はエロ本は読みません」


部「ではAVは?」


山「……」


部「AVは!」


山「……たまに、動画サイトでサンプルを見る程度なら」


部「であれば、分かるね、僕の言っていることが。」
  『感じる』と『マンゴー』が織りなす、
  危険なハーモニーが」


山「はあ」


部「そういうことだから、君、もう一度よく考えてみたまえ」


山「……わかりました」


-----------------------------------

そのあと、山田は夕方からの定例会議で
商品名の再検討をプロジェクトメンバーに提案する
こととなった。


つづく。

2009年05月19日

研究室同期の結婚式

修士の時の研究室の同期が結婚した。
お相手は同じ研究室の後輩の女の子だ。


大阪で挙式と披露宴があり、参加してきた。


僕は新郎とも新婦とも知り合いという立場だったので
余興的なスピーチをまかされた。
この二人は研究室内では付き合っていることを隠していたので、
当時の二人の様子を暴露する内容を学会発表風に行った。


わりと好評だったが、二人の関係の深まりを
摩擦係数の低下で表現した箇所が、
言葉不足で若干理解しづらいところがあったとのことで
反省している。


090516kado1.jpg


090516kado2.jpg


披露宴では、新郎新婦は皆との挨拶やら
お色直しやらで忙しく、料理を食べられないのが
普通である。
また、たとえ時間があっても
様々な緊張感のため、
喉を通らないのが普通である。


写真撮影のため、高砂におもむき、
新郎新婦と挨拶をしたところ、
新郎はキッチリ料理を平らげていた。


新郎新婦は、結婚式が決まってから何度か、
教授や関係者に挨拶をするために、研究室にやってきた。


その際の新郎は、
学生時代よりも心無しか落ち着いており、
社会人として頑張っているんだなあと思うと同時に
若干の寂しさも感じていた。


披露宴の最後の挨拶で、彼はいつになくシリアスな声で
「今日はお集まりいただきましてありがとうございました」
と喋りはじめた。


そのあと、少し黙ってから、
「正直、幸せです」
といった。皆吹き出した。


あー、変わってないなと思った。


大事なのは変わっていくこと
変わらずにいること by 槇原敬之。


引き出物でいただいたバームクーヘンは、
翌日に平らげた。

挑戦、パイ毛最長記録(2)

先日、僕の乳首のパイ毛が5.5cmだということをお伝えしたが、
昨日、再度測定を行ったところ、
7.2センチに伸びていた。
一ヶ月で1.7cmのびたということだ。


この伸び率から、世界記録11.43cmに到達する日数を
研鑽すると、


(11.43 - 5.5) / (1.7 / 30) = 104.6 (日)


Xデーはどうやら
9月初旬のようだ。


世はまさに、パイ毛の猛者達が群雄割拠する、
パイ毛戦国時代である。


5/20追記


トラックバックにもあるが、
もりたま氏も同様の記録に挑戦しているらしい。


彼のパイ毛は左右ともに8cm越えと
すでにワールドクラスの実力を誇っている。


しかも彼の場合、左右ともに数本のロングパイ毛が存在しており、
選手層はレアルマドリッドばりに厚い。
年齢もまだ若く、将来が非常に有望な選手である。


また彼は、簡便なパイ毛測定装置の開発を提唱するなど、
先見的な考えで日本の老狐たるパイ毛界に新風を巻き起こしている。


ぜひ一緒に、パイ毛界を盛り上げていきたいものだ。

2009年05月13日

巨大寺を訪問

Sさんのお誘いで、
念佛宗という単立宗教法人の総本山
三寶山無量壽寺 に行ってきた。


去年の夏頃に完成したらしいのだが、
その際、読売新聞などの全国紙朝刊に
4面広告という超巨大な広告を
うったことで一躍有名になったらしい。


広告も巨大ながら、寺院全体がかなりの規模であることも
有名であり、高さ12メートルの灯籠や、9メートルの鬼瓦など、
世界一の大きさとしてギネスブックに登録されている施設が
盛りだくさんである。


京都から車で走ること90分、兵庫にある総本山に到着。
いきなり「佛教之王堂」という超でかい石板に出迎えられる。


090510nenbutsu001.jpg


今回、案内をしていただいたのは、寺院の僧侶であるN氏。
この方、かなりの説明上手で、念佛宗の由来や寺院建立の経緯について、
少しのよどみもなく、すらすらと解説をしてくれる。


090510nenbutsu006.jpg

N氏


N氏から、念佛宗についての簡単な説明をお聞きした後、
参道に続く門が開く。
開いた門の先には、ここは天安門広場かというくらいの
広大な境内が存在し、一同、圧倒される。


090510nenbutsu008.jpg


開門の際、N氏が「では、門を開けます!」と言い、
それを合図に、扉の向こう側にいる裏方僧侶氏が
門をゆっくり開いていくという、
モーゼの十戒ばりの演出がほどこされており、
感動もひとしおである。


N氏によると、本堂までの参道は1.2kmであり、
とりあえず、全てのものがでかい。


金剛力士像もでかければ、


090510nenbutsu005.jpg


提灯もでかい。


090510nenbutsu009.jpg


その日は五月晴れの超いい天気で、
石床からの照り返しも強く、かなりの熱気である。
しかしながら、道中は日傘を利用することができ、
至れり尽くせりの対応である。


090510nenbutsu011.jpg


ちなみに、上の写真に見えているのが本堂だが、
めちゃめちゃ微妙に見えている人の大きさと比べると
だいぶでかいことがお分かりいただけるかもしれない。


N氏の説明の中で、いくつかのギネスブック記録について
言及がなされたが、寺院でギネスブックの話を聞くことに
微妙な違和感を感じるとともに、
仏教界にまでギネスが浸透していることに
新鮮な驚きを覚えた。


イスラム教にはエルサレム、キリスト教にはバチカンと、
それぞれ聖地を持っているにもかかわらず、
仏教にはそのような聖地が現存しない。
釈迦の生誕地であるネパールのルンビニには
釈迦を敬う施設みたいなものがあるらしいが、
管理をしているのはヒンズー教らしい。


この寺院は、世界中の仏教の聖地としていきたいという、
崇高な思いを持って建立されたのだそうだ。


参加した人たちの意見は賛否両論あった。
個人的には、ドバイのような印象を持たなくもなかったが、
扉が開いたときの景色を見て、桃源郷はここにあり、
と感じたのもまた事実である。


090510nenbutsu003.jpg

こんなのもあるよ


我が家は曹洞宗であるが、党派を超えて仏教道に精進していきたい
と、釈迦堂に安置された巨大仏像を眺めながら感じた。

Search