Recent Entries

  1. セミの味を知ってるかい? 昆虫を食べた速報
  2. 京都デリヘル事情
  3. ベニクラゲのうた
  4. アラブ人の格好で外国人をもてなした
  5. 七夕の願い
  6. 新聞勧誘の罠
  7. 弔辞 for 自分
  8. ハートンホテル、設備充実

2009年07月25日

セミの味を知ってるかい? 昆虫を食べた速報

大阪クマゼミの会 に参加した。


090725semi03.jpg


この会は、夏の風物詩であるクマゼミ(蝉)を捕獲し、
調理して食べるという、
アウトドア派にぴったりのイベントである。


日中、クマゼミの成虫や幼虫を捕獲し、
夜に調理して食べる、というのが全体スケジュールになるが、
昼間は所用のため参加できず、夜から参加させていただいた。


20時半に東住吉会館に到着。会館はひっそりとしている。


090725semi01.jpg


中に足を踏み入れたとたん、
何となく香ばしい匂いが漂ってくる。


試食会場である2階会議室に向かうと、
途中、傘立ての中に虫取り網を発見する。
いうまでもなく、セミを捕獲するためのものだろう。

090725semi02.jpg


090725semi04.jpg


クマゼミ会の皆さん。
ちょうど調理を終えたところのようで、
料理が出てきた。


本日のメインディッシュは、
クマゼミ焼きそば である。


夏のアウトドアのマストアイテムである
焼きそばに、クマゼミの成虫および幼虫の天ぷらを
トッピングした、この夏おすすめの一品だ。


090725semi05.jpg


パッと見、普通の焼きそばだが、
よく見ると、こんな感じだ。


090725semi07.jpg
成虫

090725semi06.jpg
幼虫


昨年、バッタを採集して食べたことがあったが、
それよりもかなり大型で、迫力がある。
昆虫食としては中級レベルに属するだろう。


味は、何というか、淡白な感じだ。
成虫の方は、羽がぱりぱりしていて、食感がいいが、
外殻部分が固く、飲み込むのがやや大変だった。


幼虫は、成虫に比べて、柔らかく、食べやすいが、
身がいっぱい詰まっており、微妙に苦かった。
漢方薬みたいな苦みだ。


ものすごく美味しいというものではなく、
別に普通に食べられるね、という感じだ。
成虫と幼虫を3匹ずつ食べたら、
胃袋的にも精神的にもお腹がいっぱいになった。


ごちそうさまをしようとしたら、
「これどうぞ」とお皿が回されてきた。
見ると、セミの天ぷらが山盛りになっている。


「残してももったいないから、全部食べてね!」


おお……


「うーん、中々いけるね」といいながら、
お皿から思い思いに天ぷらをお代わりする会員の人々を見て、
何ともいえない感銘をうけた。


今回のクマゼミ会は、昆虫料理研究家である
内山昭一氏の主催によって開催された。


内山氏は、クマゼミ以外にも、
カイコやタガメなど、
様々な昆虫をあしらった料理を考案している。


先日、ビートたけしと対談し、自身の料理を
食べさせた
らしく、かなりの強者である。


今回の会にも、テレビ関係者が若干混じっており、
昆虫食に対する国民の関心の高まりをひしひしと感じた
一日であった。

2009年07月23日

京都デリヘル事情

2日ぶりくらいに家に帰ったところ、
デリヘルのチラシが3枚ほど郵便受けに入っていた。


何気なく眺めていると、
3つとも、初回特別割引として、
95分10000円(市内交通費無料)という
全く同じサービスを提供していることに気づいた。


さらに調べてみたところ、
3つのうち2つは、裏面の「女の子募集」欄が
ほぼ同一であることが判明した。


ほとんど同じ


さらに調べてみたところ、
3つのうち2つは、連絡先電話番号が全く同じだった。


さらに調べてみたところ、
3つのうち2つは、通常料金メニュー(50分9000円など)
が全く同じだった。
これらの関係を Table.1 に示す。


090723deli2.jpg


■考察

Table.1の「料金メニュー」「電話番号」「裏面」より、
これらのチラシは同一経営者が提供する
サービスであることが考えられる。


このように、複数店舗を名乗るメリットとして、
仮に1つの店舗を利用したユーザーの満足度が低い場合に、
別店舗を利用してもらえるということが考えられる。


また、Table.1の「69」「逆性感」「ア○○舐め」
に見られるように、店舗ごとにユーザーが
享受できるメニューが異なった。


このように、店舗ごとにサービスを変えるメリットとして、
デリヘルでの勤務を希望する女性が、
自分が提供できるサービスにあった職場を
選べるため、女性の採用マッチングの確率を
高めることができる、ということが考えられる。


以上のように、デリヘル経営者は様々な経営努力を
行っていることが示唆されたが、その背景として、
昨今のキャバクラブームが考えられる。


長谷部優主演のドラマ「恋するキャバ嬢」をはじめ、
近年、各種メディアにてキャバクラおよびキャバ嬢が
頻繁に取り上げられており、
キャバクラおよびキャバ嬢に対する関心が高まっている。


このような関心の高まりとともに、
女性との接点を求める男性がキャバクラ市場に流入した結果、
デリヘル市場が縮小傾向にあるのではないだろうか。


また、風俗業界での勤務を希望する女性側からすると、
キャバ嬢の社会的地位が向上したことで、
デリヘル業界よりもキャバクラ業界を選択する傾向が
高まっている可能性がある。


市場が縮小し、かつ女性採用に関して
売り手市場になった結果、経営者が経営効率改善のための
様々な努力を行っていることが考えられる。


以上より、京都におけるデリヘル市場は
総じて供給過多、競争過多の状況にあり、
また、女性の採用も困難になりつつあるため、
経営者は厳しい環境にさらされている
可能性が示唆された。

2009年07月15日

ベニクラゲのうた

先週参加していた、
アジア太平洋地域から博士課程の学生が集結する
カンファレンス
の基調講演で、
不老不死を研究している京大フィールド科学教育研究センターの
久保田信氏が講演された。



久保田先生の研究テーマは、ベニクラゲ。
ベニクラゲは、日本沿岸や世界各地に生息する
1センチにも満たない 小さなクラゲである。


近年、ベニクラゲの成体は、死にそうになると、
ポリプ(固着個体)になり、 芽を出し、
幼クラゲが増殖するということが分かっており、
これは不老不死の生態なのではと、注目が集まっている。


久保田先生は、日本のベニクラゲも若返りすることを確認した、
ベニクラゲ 研究の第1人者なのだそうだ。


また、久保田先生は、ベニクラゲの研究だけでなく、
ベニクラゲドットコム
というマニアックすぎるドメインの管理人であり、かつ、
自作のベニクラゲテーマソングを多数リリースされるなど、
ベニクラゲ研究の啓蒙活動も積極的に行われている。


講演の最後に、「ベニクラゲ音頭」を、
満を持して、歌っていただいた。



心無しか、参加者のリアクションは、
偽アラブ人を見たときのリアクションと
類似しているように思えたものの、
歌って踊れる研究者の姿に、
参加した外国人たちは、
真のサムライの姿を思い浮かべたという。

2009年07月14日

アラブ人の格好で外国人をもてなした

先週、アジア太平洋地域から博士課程の学生が集結する
カンファレンス
が京大であり、実行委員として参加していた。


カンファレンス3日目に、レセプションがあり、
実行委員は日本の伝統衣装で参加せよとの指令が下ったが、
着物も作務衣も甚平も持ち合わせておらず、
どうしようかと悩んだ結果、
あの衣装があることを思い出した。


アラブ人の服。


時計台百周年記念館に、さっそうと白装束で登場。
さりげなく、パーティー会場に潜入した。


あまりにもなじみすぎて、誰も違和感を感じず、
誰にも気付いてもらえない偽アラブ人


宴もたけなわになった頃、
合気道部出身の実行委員と、
合気道にたしなみのある外国人が
演舞を始めた。



さっそく、飛び入り参加してみた。



武道もこなす偽アラブ人の姿に、
参加した外国人たちは、
真のサムライの姿を思い浮かべたという。

2009年07月08日

七夕の願い

大学のある施設に、笹がおいてあって、
短冊がかかっていた。その中のひとつに、


「一生分の食料が欲しい」


という願いを見つけた。


確かに、これがあれば、
人生で発生する悩みの半分くらいは
解決しそうな気がする。

2009年07月07日

新聞勧誘の罠

引っ越して、数日したある日、
見知らぬおじさんがやってきた。


「あのー、ししし、新聞、ととってくれませんか?
 めっっっちゃ、サービスしますんで」


おじさんの声があまりにもどもりすぎて
挙動不審すぎたため、速攻で断ろうと思ったのだが、
ふと、知り合いが、
「新聞の契約をしたら、20インチの液晶テレビをもらえた」
と、どう考えても赤字じゃねーかというような、
意味不明なサービスの話を聞いたことがあったので、
念のため、探ってみることにした。


可「どんなサービスがあるんですかね?」


新「そりゃあもう、サービスします」


可「いや、それは分かるんですけど、
 具体的にはどんなのがもらえるんですかね、
 例えば洗剤とか?」


新「あの、Tシャツを差し上げます」


可「いや、Tシャツ、いらないです。
  ネットで十分なので、結構です」


新「いや、ちょっとまってください、
  とりあえず1週間、無料お試しで新聞を差し上げるので、
  見てみてもらえませんか?」


結局、おっさんの情熱にほだされて
受け取ることになった。


去り際、おじさん、
「とりあえず、新聞と一緒に、
 Tシャツ、いれときますんで」
というので、再度、Tシャツのみ、丁重にお断りした。
どんだけTシャツをリーサルウエポン的に捉えてんねん。


こんないきさつがあってから1ヶ月が経とうとしている。
新聞はまだ届いている。


おじさんは、一度うちにきたらしいのだが、
そのとき僕はちょうどいなくて、奥さんが対応した結果、
「じゃあ、もう少し続けてみますか」
と、軽い気持ちで無料延長が決定したらしい。


1ヶ月無料で届くと、偉いもので、
新聞を取りに行くのが日課になってしまっている。
これがおじさんの策略だろうか。


1ヶ月たっても、まだおじさんがやってこない
ということは、僕のことを、勧誘されにくい体質と判断し、
長期間新聞づけにすることで、新聞がないと生きられない体質
にしていくつもりらしい。


タダでもらえるから読んでいるものの、
やたら広告がでかいし、
内容もネットでフォローできるレベルなので、
まあ必要ないな、と思っていたのだが、
最近、夕刊に伊坂幸太郎の連載小説が掲載されていることを
発見してしまい、多少気持ちが揺れつつある。

2009年07月06日

弔辞 for 自分

2年くらい前に、ふとしたきっかけで、自分向けの弔辞を書いた。
僕が死んだら、これを読んでください。

-----------

親愛なる可知くんへ。勤めた会社を半年で辞め、その4ヶ月後にはアラブの富豪に飛び込み営業をするような生活をしていた貴方だから、普通の死に方はしないだろうという気はしていました。しかし今回、貴方の急逝を聞いて、悲しいやら誇らしいやら、そんな複雑な気持ちで一杯です。ヒルトン大阪のスイートルームで、白のガウンを真っ赤な血で染めながら、ワイングラスを片手に抱き、永遠の眠りについた可知くん。そんな貴方を暗殺したのが、気鋭の若手スナイパー、イズラモ・カラフコビッチさんでした。彼は世界有数のスナイパー養成機関であるロシア狙撃アカデミーを首席で卒業し、その優秀さから10年に一度の逸材と呼ばれました。上司からの信頼も厚く、次世代のスナイパー業界を担う人材として当時から将来を嘱望されたといいます。そんな期待にもおごることなく、着実に暗殺実績を積み上げてきたカラフコビッチさん。昨年度にはついに年間最多暗殺の世界記録を更新し、「スナイパー・オブ・ザ・イヤー」に輝かれました。名実共に世界一流のスナイパーとしての地位を確立しても、寒風吹きすさぶシベリアの地で日々過酷な訓練を黙々とこなす姿は、多くの後輩の模範となりました。私生活においても、町内会のイベントには欠かさず参加するなど、絶大な人柄でございました。可知くん、君が暗殺されたのは月の見えない闇夜だったそうですね。彼はそんな悪条件にも関わらず、300メートルという超長距離から、貴方のこめかみを寸分違わず正確に狙撃しました。そして狙撃後は、軽やかな身のこなしで逃走し、警察もお手上げでした。まさに芸術と呼んでいいほどの、見事な暗殺でございました。そのような一流のスナイパー、カラフコビッチさんに暗殺された、可知くん。貴方のそのガウン姿は、ワインと硝煙の入り交じった香りとともに、いつまでも私たちの心の中で生き続けることでしょう。どうぞ安らかにお休みください。

ハートンホテル、設備充実

烏丸御池のハートンホテルには、
抱き枕がデフォルトアイテムとして
設置されており、驚いた。

Search