Recent Entries

  1. $2000の家を$800で借りることになった

2012年05月31日

$2000の家を$800で借りることになった

今週から家族で住むためのアパートを探している。
限られた予算で快適な家に住むべく
各種サイトを見たりしていたところ、
Craigslistにおいて、
2 bedroom, 1200 ft2 で $800という
とんでもなくお買い得な物件を発見した。


120530_01.jpg
これがその物件だ


早速連絡を取ってみたところ、すぐに返事がかえってきた。
なんでも、彼はこれまで、部屋を貸すに当たって
賃貸エージェントに依頼をしていたのだが、
エージェントがあまりにも家賃を上げまくるため
借り主がつかず、自分で部屋を貸すことに
したのだそうだ。


僕は自分を紹介するメールを書いてみたところ、
「早速部屋の鍵を送るから連絡先を教えてくれ」
との連絡があった。
なんでも彼は現在別の州に住んでおり、
直接会ってやり取りするのが難しいようだ。


ちなみに彼の名前は William Wright というらしいのだが、
メールでの名乗りは Hjhkn Hjnk とのことで、
ややアフリカっぽい、というかナイジェリアっぽい感じの、
お茶目な名前である。


連絡先を書いて送り返したところ、
早速携帯電話にメール(text)が入った。


120530_02.jpg


部屋の鍵を僕に送ってくれるのだそうで、
そのために今、宅急便の会社に向かってるぜ、とのこと。
なんて行動の早い奴だ。
というか、契約もしてないのに鍵をくれるなんて
なんて気前のいい男なんだ。


その後、数分すると、ふたたび text にて、
「ちょっと聞きたいことがあるから、
 詳しくはE-mailに送ったからそれ見といて」
という連絡があった。
メールを開けてみると、以下のような連絡があった。


We are with the under listed documents here with us and you will need to make Payment for the security deposit which is $500 to enable shipment of the Keys and documents to the address you have provided to us, after which you could move in at your convenience...

「鍵と書類を送るのに、$500 必要なんだ、払ってくれ」
とのこと。


なんか不思議な気がしたので、
先に届いた text の発信番号を良く見てみると、
国番号(234)は、ナイジェリアである。


これ、
例の詐欺じゃねえか!


今回は、前回と違い、家賃の安さに釣られて、
電話番号などのリアル個人情報を晒しまくってしまった。
当分は銀行口座から謎の引き落としがないかなど、
毎日チェックする必要がありそうである。

Search